模型道雑感

2013年4月22日 (月)

模型店の閉店

出張所に書くつもりだったのですが、ちょっと長くなったのでコッチに載せることにしました。

続きを読む "模型店の閉店"

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2012年12月29日 (土)

良いお年を

 という訳で2012年内最後の更新です。明日から温泉旅行&帰省でしばらくネット環境から離脱しますので、新年の御挨拶は来週末頃になろうかと思われます(コメント欄への書き込み位は私のガラケーでもできますが)。

続きを読む "良いお年を"

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2012年12月 8日 (土)

Ⅳ号戦車と私~発動篇

 その後、改めてアハパン第1集を見返したら、上田暁氏は車体・砲塔基本形の四面図作画担当で参加しておられたんですなぁ。いや、そう言えばそうだった、という事なんですが、昔は余りライターの御名前というのを意識して読んで無かったですので。リアルタイムに意識して読んでたのはヒゲのプラモ怪人こと故・小澤勝三氏と改造しちゃアカンの松本州平氏くらいでしょうか。特に小澤氏は、初めてお小遣いで買ったHJ誌に載ってたのがロレーヌ自走砲のフルスクラッチ記事でした。同じ紙面には八九式のフルスクとラリープロボのM4A3E2ジャンボ・・・ね、やっぱり間違った刷り込みを受けるのも無理ないでしょう(^-^;。濃かったなぁ、あの頃は。

続きを読む "Ⅳ号戦車と私~発動篇"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年12月 6日 (木)

なんてこった

先のエントリーでdickermaxさんとあんなやり取りをした矢先、ふと覗いたミシリンでのスレ

なんてこった、トム・イェンツが文字通り、もう長くないらしい。二重三重にタイムリー過ぎる情報(;ω;)。トラクツⅣ号戦車編の初版はご存じのとおり後に出たパンター編やⅢ号編と比べてお世辞にも濃い内容とは言えず、長らく絶版になっていることからきっと分冊化して改定されるものと信じていた。シリーズが終わりになる訳ではないようだが、彼を抜きにしてあの濃い情報量が維持されるのかどうか・・・ともかく情報が事実なら残念でならない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年12月 2日 (日)

Ⅳ号戦車と私~接触篇

 当ブログでは、これまでやれブリッツだのフォードだのメイドだのと書いてきてますが、実は私にとって別格の、言わばマストアイテムはⅣ号戦車であります。Ⅲ突もタイガーⅠも勿論好き、T-34やKVだってしょっちゅう気になる。チハはカッコ美しいと思うしカロヤンはブサカッコイイだね。チャーチルだって味があるし偶にはシャーマンに浮気したい時もある・・・。でも、Ⅳ号戦車は別格なんでございますよ。ガルパンの主役車で知名度が一部急上昇したのも何かのきっかけ、丁度そろそろドイツ戦車分が足りなくなってきたこともありますので、色々溜まってる宿題も有りますがそれらと並行して、前々からいずれやらねばと考えていたⅣ号戦車の作業を“再開”させようと思います。ただし実際に着手するのは年が明けてからという事にして、その前にこのプロジェクトのプロローグにあたる、また私の思い入れの源でもある昔話を、二回程に分けて年内に書いておこうと思います。今回はその前篇。話は私がガンプラ少年から戦車マニアに転向する小学生の頃に遡ります。

続きを読む "Ⅳ号戦車と私~接触篇"

| | コメント (7) | トラックバック (1)

2012年11月29日 (木)

キット雑感:ファインモールド#41101『ガルパン 八九式中戦車 甲型』&MG2013年1月号

 ここ二カ月の間、敢えて戦車の話からは距離を置いていたのですが、それでも一応気になる新製品だけは押さえておこうという訳で、実はICMのフォード・マウルティア、ボスのトルディⅡ、ミラーモデルのC15TA(はまだ運送屋の倉庫)、そしてガルパンの八九式甲型は買っておいたのであります。2か月で4つも買えば十分な数のハズですが、昨今の新製品ラッシュで余りそんな気がしない所が怖いですなw。という訳で、戦車オタと萌えオタを兼任している私としては、書かない訳にもまいりますまい。当初「こんなんホンマに売れるんかいな」と懐疑的な予測もチラホラ見られた“ガルパン商法”ですが、蓋を開けてみれば、どうも当たりなようで。

続きを読む "キット雑感:ファインモールド#41101『ガルパン 八九式中戦車 甲型』&MG2013年1月号"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年7月22日 (日)

ついカッとなって買っちゃった。今はちょっとだけ反省している。

 と言っても象さんのことじゃありませんヨ。アレは予定通りしばらくはスルー。何やら転輪のプロポーションがDMLより優れている、という話もあるらしいので、それが事実ならいずれ一つは買ってみるか、とは思いますが。

続きを読む "ついカッとなって買っちゃった。今はちょっとだけ反省している。"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年7月 8日 (日)

街の模型屋さん

 ホビーボスからT-26A発売のアナウンス。遂にリニューアル最後の大物も決まったか、の感。アイテムその物の人気、インパクトは正直左程でもないかもしれないが、今後展開しうるバリエーションの数はⅣ号戦車に匹敵しうるポテンシャルがある。それ故の“大物(主観)”である。今後、単一砲塔45mm砲装備のB型や傾斜装甲のC型(未だにこの呼称の方がシックリ。年式識別は追々勉強します)は鉄板として、火炎放射型や火力支援型も出ちゃうかもしれない。なんせ中華メーカーだから。同じ理由で中華民国軍仕様のビッカースEも出さない道理は無いだろうし、そうなるとデカいインテイクのポーランド仕様やら砲換装したみんな大好きフィンランド・ビッケルスも当然だすよね。そこまできたら7TPだって単砲塔・双砲塔共、出さない訳にはいかないだろう。

続きを読む "街の模型屋さん"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年7月 1日 (日)

プラモの値段

 模型の値段が高くなったと言われて久しい。飛行機とか艦船模型の相場は稀にしか買わないので、私には何とも言えないが、少なくとも戦車模型はここ何年もそう言われ続けている。先日買ったボスのトルディは代理店希望価格が5775円。私が買ったのは例によってボー○スで、ココは比較的値引き率が良く、4千円台半ばであったので25%位。比較対象としてタミヤのⅡ号Cポーランドを引き合いに出すと、アレのメーカー価格は3570円なので、値引き後の値段で千円を少し下回る位の価格差か・・・Ⅱ号の方は歩兵フィギュアが3体付いている分、ヒトによってはもっと価格差を感じるかもしれない。

続きを読む "プラモの値段"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年4月28日 (土)

え~

と思うことがいくつか重なった今日この頃。

続きを読む "え~"

| | コメント (8) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧