« 正月旅行:指宿~知覧~桜島(前編) | トップページ | キット雑感:IBG #35025『Skoda 100mm vz 14/19』& #35028『Obice da 100/17 Mod.16』 »

2014年6月19日 (木)

キット雑感&スミコン2014:LEADWARRIOR LW35212『ボルクヴァルト F.400 ゴリアテ(バン)』

半年も開くと自分のブログの書式もうっかり忘れちゃいますね、いやはや。スミコン2014エントリーを期に久方ぶりの更新でございます。

20140619a

 私は信じてましたよ!スミコン2014開催。いや、何の根拠もなかったんですけどね。個人的にせめて星を五分に戻す所までは続いていただかんと、ということで今年のエントリーは、去年のスミコンが終わった時点で既に候補として二、三に絞り込んでいたうちの一点、リードウォーリアーのレジンフルキット、ボルクヴァルトの小型三輪バン・ゴリアテF.400です。以前記事にしたブリッツのホイールセットと一緒に買ってあったものなんですが、今回はこれをデカールの指示通り、第三帝国逓信省の郵便車として組む予定です。
 最初に呼称の表記について一言触れときますが、この車両、「ゴリアト」と表記される場合もあって実際発音ガイドサイトでネイティブドイツ人の発音を聞くと「ト」と聞こえるのですが、ダビデに倒された巨人の名前は日本語表記では一般に「テ」なので、本ブログでは日本語表記として「ゴリアテ」で統一しておきます。もちろんミリタリーマニアの間ではより有名な自走リモコン爆弾の「ゴリアテ」も、スペルは同じですし(アレとコレは同じボルクヴァルト製なので多分関係があるのでしょう。もちろん戦前に製造されたコッチが初代でアッチが二代目)。この原発音至上主義?からくる外国語表記の混乱的な事は、行き過ぎると(以下略)、日本人なんだから日本語としての(以下略)、ってかシュタイヤーとステアーなんて一般人に同じメーカーだって通じるわけないよ、とか脱線するのはこれ位にして。

20140619b
20140619c
 パーツとインスト。レジンパーツは総数66点ですが、完成したら見えなくなるキャビン周りの小物パーツが数を稼いでいるだけで、左程多い印象はありません。この写真には入れ忘れてますが、アクセサリーとしてジェリ缶が一個ついてます(といってもコレといった使い道は無い)。

20140619d

 肝心要のボディはキャブと貨物室の一体成型。燃タンキャップにわずかな整形不良が認められる以外、気泡もほぼ無し(画像は既に一部のバリを除いてあります)。

20140619e
 中空の貨物室内にも一応モールドが施されています。キャブとの仕切りにプラ片が鋳込んでありますが、歪み対策でしょうか。実際、歪みも殆ど無く、荷台床とドアを接着するだけで補正されるレベルと思います。

20140619f
 タイヤ。前輪は片持ちなので三つとも同じパーツです。接地面のトレッドパターンの彫刻がうっすらとしか付いてないのですが、軍用のオフロードタイヤじゃないのであまり気にならないかなぁ。現存車を参考にしてもしょうがないし、多少チビてることにして納得した方が精神衛生上は良さそうです。

20140619g
 キャブ周りの小物パーツ。極細の空気抜きを付けて、このレベルのパーツが綺麗に抜けているのは称賛に値しますね。ただし一部のパーツは組んだ後で破損する公算が高いので、結局はコレをガイドとして金属材等で置き換える事なるんですけども。

20140619h
 上の集合写真では右上の方でフラッシュで飛んじゃってますが、ガラス用の透明フィルムとデカール。このキットで唯一頭を捻るとしたらこのガラスパーツでしょうか。厚み0.15㎜位の透明フィルムに窓枠形が印刷されていますが、これをそのまま使うかどうかも含めて全体の組み立てと塗装の段取りは事前によくシミュレートしておく必要があるかと思います。もっとも、それしきカーモデラーには日常茶飯事の事なんでしょうが。

 という訳で全体としてシンプルなキットなので余りアレコレと書く事も無い、良いキットという印象です。レジンフルキットの入門用としては最適な部類と言えそうな感じでしょうか(アイテムのマニアックさを除く)。実車に関する情報、取り分け“郵便車としての情報”が思うように無いのが難点といえば難点かもしれません。例えば後部ナンバープレートの位置が良く判らない、とか。前部も含めてキットにはパーツが入ってませんが、公用の郵便車としてはなおのこと着けてない筈は無いので自作する必要があります。車体色も、詳しい事はまた後日書くと思いますが、多分戦中は赤ベースに白屋根&黒フェンダーだったみたい、という感じで確たる資料をまだ見つけられていません。もっと言うと・・・ネタばれになっちゃうんですけど・・・“戦中ドイツの郵便ポスト”の資料、どっかに転がってませんかねぇ。散々ググって多少の情報は得たんですけど、できれば寸法とか知りたいなぁ・・・情報モトム、です。

|

« 正月旅行:指宿~知覧~桜島(前編) | トップページ | キット雑感:IBG #35025『Skoda 100mm vz 14/19』& #35028『Obice da 100/17 Mod.16』 »

キット簡易レヴュー」カテゴリの記事

スミコン」カテゴリの記事

Borgward F.400 Goliath」カテゴリの記事

コメント

兄さんこんにちは!
兄さんがゴリアテで参加されるので「思わずミニ復帰しちゃった」じゃないですかっ!♪
とは言え、郵便収集車とは!!キットもパーツが細かいのを除けば中々の出来栄えっぽい
ですねぇ〜♪
ポスト&ポストマン楽しみにしております♪

投稿: ホワイトタイガー | 2014年6月20日 (金) 18時17分

ホワイトタイガーさん、こんばんわ!
>ミニ復帰しちゃった

う~ん、そうですか、やっぱりそちらで記事に書いてないからそんな気はしてたけど・・・もう本格復帰にしちゃいましょうぜ( ^ω^ )。

キットの出来は良いと思いますよ。実はこのアイテムをチョイスした理由は他にもあるんですが、その辺りはまた追々と。

投稿: hide | 2014年6月20日 (金) 22時25分

うーん、よさそうなキットですね。
ちなみに私は参加表明の直前にえいやっと決めました(笑)。典型的な「後で泣きを見る」タイプです。

郵便ポストの件、僅かながらのお手伝い。もっとも、もうご存知のものばかりかも。

20年代の写真。
http://timelineimages.sueddeutsche.de/briefkaesten-mit-markenautomat-1928_192443

1:32の模型が出ているようです。
これを見ると、ライヒスポスト時代が赤、ブンデスポストになって黄色、ということのようですね。
http://www.toms-modellbau.de/artikel.php?pos=25&gruppe=s&rubrik=z&reste=n&u_gruppe=0&seite=Spur1-Zubeh%C3%83%C6%92%C3%82%C2%B6r

上ものよりも新型、もしくは簡略型。これも戦後の黄色があるようです。
https://c2.staticflickr.com/4/3636/3350484211_8a08003161_z.jpg?zz=1

投稿: かば◎ | 2014年6月21日 (土) 20時52分

かば◎さん

情報ありがとうございます!
上の20年代の写真は初見です。細部がかなりクリアーで参考になりますよ。模型のHPは私も見たのですが、ここの赤いのと同型が写ってる36年ベルリン↓ってのが、該当する年代で見つけられた唯一の写真です。
http://www.tipsimages.it/Photo/ShowImage_Editorial_Popup.asp?IMID=2826915&clid=7325&pgsz=250&ched=ed
ちょ、蓋閉めて!と言いたいところ(^-^;

ドイツ郵便のシンボルカラーはナチ政権下での赤を挟んでその前後が黄色のようです。もしかしてナチ党旗の配色に合わせて変えたのか?とうがった見方をしてますが間違ってないような気もしますね。あと、ポストに関しては航空郵便用の青ポストもあったみたいですが、大阪にある速達用の青ポストが巡り巡ってその名残だと最近知りました。

投稿: hide | 2014年6月22日 (日) 16時29分

航空郵便用の青ポストってのは、コレですな(日本のですよ?)。

http://kabanos.cocolog-nifty.com/.shared/image.html?/photos/uncategorized/2013/08/16/f1015680.jpg

日本のコレは、1929年に登場したそうです。

投稿: かば◎ | 2014年6月22日 (日) 20時45分

追記

>>ちょ、蓋閉めて!と言いたいところ(^-^;

いや、これは回収口を開状態で作れ、ディテールは見せてやるから、という神のお告げでは。

投稿: かば◎ | 2014年6月22日 (日) 20時47分

連投失礼。

ここのページ
http://www.dassen.de/mu-brk-ein.htm
によると、ライヒスポストのポストの塗装は、

1923 ベルリンで黄色の航空便用ポストが作られる。
1934 それまでダークブルーだった一般用ポストを赤に変更。
1938 航空便用ポストを黄色からライトブルーへ変更。
1942 航空便用ポストを再びライトブルーから黄色に変更。
1946 ポストを一斉に黄色に塗り替え。Reichspostのロゴを除去。

という流れだったようです(ただし、機械翻訳から適当に意味を汲んでいるので、間違っているかも)。

投稿: かば◎ | 2014年6月22日 (日) 21時02分

>青ポスト

そうそう、このポストが戦後航空郵便の廃止に伴い速達用に変更され、その生き残りが全国に40だか50基だかあって何故か大阪市内に多い、という記事を割と最近ネットで読んだのです。そういや大阪駅の近所かどこかで赤いのの横に青い四角いポストみたいなのあったなぁ、と。というか、

>という流れだったようです

むむ、ここ写真だけざっと見て内容を精査してませんでしたよ(゚ー゚;。郵便車は帝政時代で黄色みたいなんで黄→赤→黄だとばかり思ってましたが、という事は要は一般ポストに関しては濃青→赤→黄という流れなんですね。でやっぱり赤に変わったのはナチ政権以降じゃないですか。

>神のお告げでは。

いやいやいやいや、それだとポストは兎も角一緒にポストマンのおっさんも作らんと、ただの不用心なポストになってしまいます。それは流石に荷が重いです~(^-^;

投稿: hide | 2014年6月23日 (月) 17時15分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: キット雑感&スミコン2014:LEADWARRIOR LW35212『ボルクヴァルト F.400 ゴリアテ(バン)』:

« 正月旅行:指宿~知覧~桜島(前編) | トップページ | キット雑感:IBG #35025『Skoda 100mm vz 14/19』& #35028『Obice da 100/17 Mod.16』 »